【AC/DC】ROCK OR BUST

ディスクレビュー, 記事|

728x90-min

【AC/DC】ロック・オア・バスト

AC/DC ROCK OR BUST

 

  • 参加メンバー
  • Brian Johnson (ブライアン・ジョンソン) ボーカル
  • Angus Young (アンガス・ヤング) ギター
  • Stevie Young (スティーヴィー・ヤング) ギター
  • Cliff Williams (クリフ・ウィリアム) ベース
  • Phil Rudd (フィル・ラッド) ドラム

 

  • 収録曲
  1. Rock Or Bust (ロック・オア・バスト)
  2. Play Ball (プレイボール)
  3. Rock The Blues Away (ロック・ザ・ブルーズ・アウェイ)
  4. Miss Adventure (ミス・アドヴェンチャー)
  5. Dogs Of War (ドッグズ・オブ・ウォー)
  6. Got Some Rock & Roll Thunder (ガット・サム・ロックンロール・サンダー)
  7. Hard Times (ハード・タイムズ)
  8. Baptism By Fire (バプティズム・バイ・ファイア)
  9. Rock The House (ロック・ザ・ハウス)
  10. Sweet Candy (スウィート・キャンディー)
  11. Emission Control (エミッション・コントロール)

 

  • レビュー
前作から、なんと6年振りのアルバム。アルバムを聴き始めるととにかくノリノリに血が騒ぐ。Malcolm Young (マルコム・ヤング) の不在は悲しいが、血統がなせる技か甥っ子スティーヴィーは違和感ゼロ。11曲で35分という潔さはすぐさまリピートを誘い、Phil Rudd (フィル・ラッド) も骨太のビートをひたすら叩き出している。すでに PV では代役ドラマーになってしまい、今後の動向が非常に気になる。